企業側にとっても大きなメリット

新しい働き方や人材育成について企業にとっても非常に大きな課題になっています。最近では新卒採用、キャリア採用行ってもどのように教育をしていくか、どの程度教育に投票するかは非常に大きな問題です。

実際に欧米の働き方に日本の企業も変わりつつあり数年間で企業を移り変わるようなことになっていくことを考えると初期投資をどれだけ人材に対して行うかは難しいところになります。

これまでの日本の企業のように10年間かけて12枚にしそこから貴様に恩返しをしてもらうと言うような考え方はまず難しいでしょう。

そこで新たな働き方も含めて考えたいのか副業です。
実際には日本の企業は副業を認める傾向にあり、その副業うまく生かすことができるかどうかで企業としての力も変わってくるのではないかと思います。

例えば、企業の服務規定等で副業を認めることにしています。
その副業を認めるにはとてもどのような条件であればオッケーなのか、どのような制限があるのかを明確に定めておくのです。

そして副業を可能な限り社員に対して認め、ネット副業を中心にどのような副業で自分自身のスキルを磨くことができるかを考えさせる、これは人事部門にとって非常に重要なポイントになってきます。
社員の自立を図るとともに、結果的に自分自身の実力を知ることにもなりますし、企業にとってプラスに働くスキルを身に付けることができるからです。

このような部門の株については非常にハードルが高いと言えるかもしれません。
もちろん、古い企業ではこのような考え方を持って人材育成を行うこと、さらには社員に自分自身の力を知るためであればネット副業をどんどん推奨すると言うことをプラスに捉えない方々は多いかもしれません。

しかしながら、今からこのような対策をとっておかなければ企業としては人材を確保することさえも難しくなりますし、仮に入社してもらったとしてもすぐに他の企業に移ってしまうと言うリスクもはらんでいると言うことを忘れてはいけません。

様々な働き方を認めてくれる企業でなければ優秀な人材が集まりません。
そんな中で企業としての理念や共通するポイントをきちんと作っておく、そしてそれに人が集まるような形にしておくことが重要なのです。 
これからの人材育成にネット副業は大きな役割を果たしていくと考えられるのではないでしょうか。企業にとっても個人にとっても同様のことです。