特商法は記載法によっては購入者の方に安心して頂くことができる制度である

特商法についてですが、この記載はネット通販において、消費者の方にいかに安心してサービス利用をして頂くことができるかを記載したものです。

本来、ネット通販ではクーリングオフという制度が存在しておらず、購入者側はネット通販事業者が定めた決まりに従い商品を購入するのですが、この方法ではある問題が生じ、特商法というネット通販に関する取り決めが強化されたのです。

というのも、旧来のネット通販では、商品の状態や商品の管理方法などはどうでもよい状況下にあり、言ってしまえば、保証が着れた商品の他、商品自体の動作などを保証することができない状況下で商品を購入するという決まりだったのです。

その為、使えない故障品を第3者に売りつけるということが可能であり、悪質なネット通販ショップという物が多く横行していたのです。

そこで登場したのがネット通販にある程度手心を加え、消費者を保護しようとする試みです。特商法で保証するべく項目は過剰な広告や返品を可能とするかどうかで故障品を売りつける行為そのものをお店側に保証させようという物です。
これに従わないと特商法に違反したことになり、ペナルティを販売者側に課すことができるのです。

ペナルティの課し方はとても単純で消費者庁などに申し出を行い、悪質なお店であると認められればペナルティを課すことができ対象となるショップに対し、営業停止や今後ネットショップ群の運営を禁止することができるのです。

何故、ここまでする櫃統制があるのかは、ペナルティがない条例や法律は全く機能しないものであると言え、特商法の場合、記載をしておけば利用者の方が寄り付くという考えで記載されたのでは意味がなく、ペナルティも実は受けることを認識したうえで記載をしなければならないというわけです。

反面、ペナルティを受けることを受け入れたうえで取り扱っている商品群やサービス群の販売をきちんとしているお店においては特商法はきちんとネットショップを運営しているお店であることが証明されるため、特商法はただ記しておけばそれでよしとするネットショップの決まり事ではないということです。

ですので、多くのショップでは商品に問題があった場合、どうするかを記載することで消費者の方に対して安心をして頂くというのがこの取り決めの役割で、この役割に従わない文言があっても消費者は別に買い物をすることはできますが、商品群の保証なしで商品を購入しているというわけになります。

特商法は、記載に矛盾がある場合も同様に信用を失う要素となりますので、記載法によっては信頼を得ることができるバロメーターになればその逆もあるということです。